靴の各部名称・靴の豆知識

外部名称

靴の構造は、大きく分けると、足を包み込む甲部(アッパー)と足と路面の間にある底部(ソール)の2つに分かれます。それぞれが製造工程でつくられ、最終的に合わさってひとつの靴になります。靴には各部分、各パーツにさまざまな名前がつけられています。

外部名称 靴底『トラステック、アウターソール(外部)、ヒールプラグ』、側面『アッパー(甲)、履き口部、かかと部(ヒール)、つま先部(トウ)、踏みつけ部(前足部)、踏まず(中足部)、はきかかと部(後足部)、みっどソール』
外部名称 男性側面『シューレース(靴ヒモ)、タン(ペロ)、トップライン、アンクルポンジ(バット)、アウターソール(外圧)、かんどめ、合いレット(ハトメ)、ブラットスカート(ハカマ)』、女性側面『スベリ、トップライン、ストラップ、スロート、飾革(チップ)、アウターソール(外底)、コパ、ヒール、ヒールリフト(トップリフト)』、男性最側面『アッパー:足全体を包み、フィット性・安定性を発揮する。みっどソール:クッション性を発揮することで衝撃から足を守る。、アウターソール:「とまる」「けりだす」などのグリップ姓を発揮する』

内部名称

外から見えない部分にも靴は多くの工夫がされています。アッパー部には保型材としてつま先に先芯、かかとに月型芯(ヒールカウンター)があります。また、靴の背骨に当たるシャンクや中底(インソール)が内蔵されています。

内部名称 ライニング(裏材:腰裏・ペロ裏・頭裏)、月型芯(ヒールカウンター)、先芯、インナーソール(中敷)、超劇暖衝材、印ソール(中敷)、ミッドソール、トラスティック、シャンク、アウターソール(外底)、ヒール、ヒットリフト(トップリフト)

page top